前へ
次へ

姿勢が悪いと肩こりが起きやすくなる

座るときには姿勢を正して座るよりだらっと座る方が楽に感じます。ソファーに座るときに背筋を伸ばして座る人はあまりいないでしょう。おしりを座面の前の方に置いてのけぞるように座ってしまいがちです。実は一見楽そうに座る姿勢が肩こりの原因になることがあります。そのことから肩こりを解消したいのであれば姿勢をよくするのが良いとされています。なぜ姿勢が悪いと肩こりになって姿勢を正すと解消できるのかの原因を知っておくと良いでしょう。姿勢を正すためには体をまっすぐ伸ばすために筋肉を使います。人によってはそれが疲れると感じるようです。でも姿勢を正していると血流の流れが正常になり凝りの原因が発生しにくくなります。一方姿勢を悪くするといろいろな部分に血液の滞りができ、血液循環が悪くなって凝りの原因物質が発生します。短期的なことを考えるとだらしない姿勢を取ってしまいますが、長期的に楽になりたいなら姿勢を正した方が良いと言えそうです。

Page Top