不動産に関わる税金についての説明

不動産を取得したときにかかる税金のことを不動産取得税と言います。
しかし名前だけきいても果たしてどんな税金なのかどのくらいかかるのかはわからないと思うので説明していきます。
 まずは、不動産の取得についてです。
不動産の取得とは、売買、贈与、交換、建築などによって不動産の所有権を取得することです。
住宅だけではなく店舗、工場、倉庫などの建物も含まれています。
 次は、税金の計算方法についてです。
これはとても単純で計算式が決まっています。
取得した不動産の価格(課税標準額)×税率=税金です。
不動産の価格(課税標準額)とは、不動産の実際の購入価格や建築工事費ではなく、総務大臣が定めた固定資産評価基準によって評価し決定された価格(固定資産評価額)です。
税率は不動産の種類によっても変わってくるので自分の不動産の種類を調べて正しい税率を調べてください。
ここまで不動産取得税とを説明してきましたが、まだまだたくさん知っておいた方が良い税金仕組みがたくさんあります。
税金は必ず払うものなのでしっかりとした知識を身につけておきましょう。

sabu用置換

sabu用置換