前へ
次へ

肩こりと似ている痛みがある

肩こりといっても、40歳~50歳代の人に多くみられる肩の痛みもあります。正確には、『肩関節周囲炎』といいますが、肩こりとは違う症状になります。肩が重いような、ダルいような感覚から始まり、やがて肩を少し動かすだけで痛むようになります。処置せずに放置してしまえば、肩の筋肉が落ちて痩せてしまい、軽く指圧するだけでも痛み、肩の周囲が硬く強ばるようになってしまうケースもあります。治療のポイントとなるのは、凍結肩ともよばれることもあり、肩の冷えを改善させることにあります。これは肩こりも同じ、指圧やマッサージをする前には蒸しタオルなどで温めることが大切です。また、普段から肩を冷やさない服装を意識しましょう。揉んだりさする、たたく、押すなどの方法で治療するにしても『肩井』を刺激するのがいいでしょう。指圧、鍼灸治療でも肩こりと痛みによく効きます。特に温灸は痛みを伴う場合に効き目があります。肩を掴むようにして、親指で強めに揉み押しますが、患者さん自身がするならば、人差し指を使い、右手で左肩、左手で左肩を片方ずつ押しましょう。

Page Top