同じ地域で複数の不動産会社から自分に合う会社を探す

同じ地域に複数の不動産会社が存在していて、同じ物件を取り扱っている場合は、担当者の説明を参考にします。
担当者によって説明が異なるのは、不動産会社の営業姿勢が反映されているからなので、相性の良い担当者と出会えれば、質問から相談も含めて契約までの流れがスムーズです。
自分に合うかどうかは、契約時の重要事項説明に影響してきます。
質問していないから回答を得られない、という項目も少なくありません。
重要事項に該当して説明の義務の対象となっている項目は説明してもらえるのですが、老朽化の進行度合いや、以前入居していた人の家族構成などは説明の義務に該当しない場合が多いです。
重要説明事項に該当しないからという理由で、説明を受けられない状態では、調子の良い営業トークで曖昧になってしまうケースもありますので、質問したい内容をメモにしておくと安心です。
メモを担当者に渡して、質問しながら内見するとスムーズですし、メモを渡して快く受け取ってもらえれば、対応の態度が変わらずに調子の良い営業トークが繰り広げられても問題ありません。
メモを拒絶された場合は要注意です。
同じ地域で複数の不動産会社が存在しているからと言っても、極端に取り扱い物件が異なるとは限りません。
根気よく、気の合う担当者を探しながら物件探しを行うのも、不動産選びで失敗しないコツです。

sabu用置換

sabu用置換